ワクムスは豊中・八尾にある「そろばん(珠算・暗算)教室」です。

そろばんの魅力

そろばんは指先の高速運動で脳に刺激を与えます。
たった一か所でも間違えれば不正解…、集中力と忍耐力を同時に養います。
 
集中力 そろばんはミスとの闘い!正確な指の動きと雑念を取り除いた集中力が求められます。
限られた時間の中で繰り返し計算をする練習方法が集中力を高めます。
記憶力 珠算式暗算は、視覚的にとらえた情報を記憶して処理するため、右脳が鍛えられ、
記憶力の強化につながります。
忍耐力 目標を達成するために何度も練習を繰り返すことで「最初はできなくても必ずできるようになる」
ことを実感し、コツコツと努力し続ける力を育てます。
判断力 そろばん学習は大きく数をとらえる概算、概数の能力を高め、判断力や分析力を磨きます。
創造力 イメージ脳とも呼ばれる右脳の活性化が、豊かなひらめき力や創造力を引き出します。
処理能力 コンピュータ時代だからこそ、膨大な情報を素早く処理する力は必要不可欠。
速く、正確に情報を処理する力を身につけます。

成功体験スパイラル

これら一つひとつの力は相乗効果となり子どもの能力を大きく開花させていきます。

そして、計算が速い、集中できる、できないと思っていたことができたというような些細なことが子どもにとって大きな自信につながります。 子どもたち自身がやればできると実感し納得する根拠のある自信です。

自信は自己主張の勇気を与え、積極性につながり、たった一つのそろばんが際限なく子どもの可能性を広げていくのです。

こうした力はもともとの才能ではなく、積み重ねた努力の結果であり、 どの子どもにも身につくものです。

つまり、そろばんを練習することはどんな子どもでも脳力開発につながっていくのです。

成功体験スパイラル

子どもの成長に欠かせない『そろばん』

コンピュータ全盛の現代。自分の体や手を使うこと、自分の頭で考えることが極端に少なくなっています。
私たちの生活を考えてみても、ボタンひとつの操作であらゆることができる便利な時代です。
しかし、その便利さは子どもの成長に悪影響を及ぼします。

失敗を繰り返しながら、物事の成り立ちをじっくり考えることで思考力は発達します。
そろばんは、加減乗除の基礎計算を目に見える具体物である珠を指先ではじきながら答えを導き出します。
間違えたときには、どのプロセスで間違えたのかを自分で考えることもできます。

努力を積み重ね、結果を導き出す成功体験がそろばん学習を通して得られるのです。

脳を活性化させ能力を伸ばす『そろばん』

計算をするとき、一般的には左脳が働きますが、そろばんを学習すると暗算をする際に右脳が活発に働きます。

記憶力だけでも左脳の数千倍あると言われている右脳を開発することによって学習効率を上げるという点でも注目されています。

そろばん学習により別の学習に好影響が現れるという実験結果もあり、その効果が証明されています。

そろばんで脳を活性化

今、最も求められている集中力を養う『そろばん』

「集中力がない」「持続力がない」などと最近の子どもの特徴としてとり上げられることがあります。

そろばんは、短時間の反復練習により集中力を鍛え、間違いを防ぐ注意力、途中で投げ出さない忍耐力を つけることができるので、単なる計算器具ではなく、基礎学習能力を身につけるとともに、 豊かな人間性を育む教育器具として見直されています。

そろばんで集中力

力に合わせて適切に援助

子どもはそれぞれ自分自身の成長のテンポをもっていますので、
単に年齢で区切って一斉の指導をすることは、様々な弊害を生みます。

当そろばん教室はすべて個人指導型の授業を行っています。
入学時期や学年が同じだからといって同じ内容を学習することはありません。
個々の理解に合わせて「できた」「わかった」を繰り返す学習が自信とやる気を育てます。